歯周病治療

日本人の

80%が

歯周病です 

日本人の80%が歯周病です

最も蔓延している世界一の感染症として、歯周病はギネスブックにも載っています。日本の成人の8割が罹っているとの統計もあり、世界で歯周病に冒されていない人は少数派です。

2005年の全国抜歯原因調査結果(厚生労働省)では、永久歯の抜歯原因ではむし歯32%より多く、4割を超えます。歯周病はほぼ自覚症状がないまま進行するのが特徴です。以下の症状がある場合、早めに歯科医院を受診しましょう。

 

    • 歯ぐきの出血や膿、赤い腫れ
    • 口臭
    • 起床時、口の中がネバネバする
    • 歯が伸びたような気がする
    • 硬いものを噛む時に痛みがある
    • 歯がグラグラする

バイオフィルムが
歯周病を進行させる犯人

歯周病はバイオフィルムという形で歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯周病菌がへばりつき、増殖することで進行します。

早期治療が
一番大切

歯周病で一度溶けてしまった歯槽骨は元に戻りません。いち早くバイオフィルムを除去し、進行を食い止めることが大切です。

 

当院の

歯周病治療の

特徴

    • 歯周病の怖さは痛みもなく症状が進行する点です。気づいた時には抜歯が避けられない状態となってしまいます。

検査・診断・治療計画立案の徹底

歯周ポケットを測定(ブローピング)して、歯周病の進行度合いをチェック。スケーリングという歯石除去をします。

歯周病が進行し骨が溶けることで、歯と歯茎の隙間の歯周ポケットが深くなっていきます。歯周病菌はこの歯周ポケットの奥へと入り込むので、この部分の歯周病菌や歯石を除去しなければ歯周病治療はできません。スケーリングでしっかり除去しなければ、抜歯の運命が待ち受けています。

患者様お一人お一人に専任の担当者がつきます

歯周病治療は患者さまのライフスタイルを踏まえた計画的な管理が大切です。

当院では優秀な歯科衛生士が患者さま一人ひとりの専任の担当となります。歯科衛生士は歯周病やむし歯から歯を守るための治療を行うスペシャリストです。当院では歯科医師と歯科衛生士が連携しながら、大きな治療効果を実現しています。

 

 

ステージ別歯周病治療    

  • 一般的な歯周病治療は、歯周ポケットの深さを正確に測定し、歯石や歯ぐきの状態も考慮して、各ステージに合わせた治療法を選択します。
歯肉炎

仮性ポケット、歯槽骨は無事

軽度歯周炎

歯周ポケット3~5mm、歯槽骨破壊が始まる

中度歯周炎

歯周ポケット4mm~6mm、歯根の半分まで歯槽骨が破壊

重度歯周炎

歯周ポケット6mm以上、歯根の半分以上の歯槽骨が破壊

 

当院の軽度歯周病治療の特徴

当院の軽度歯周病治療の特徴軽度歯周病の治療は歯のクリーニングのみで、数回の通院で完了します。歯垢や歯石を除去することで歯ぐきからの出血が治り、歯ぐきが徐々に引き締まって、本来の生き生きとした状態が復活します。

当院の中度歯周病治療の特徴

中度歯周病では、ある程度の深さにまで歯石が食い込んでいます。歯周ポケットの奥にこびりついた歯石や汚れを除去するため、特殊な器具を入れ込む必要上、麻酔を施して治療を行ないます。ルートプレーニングという方法です。

歯周組織  

再生療法

 

ルートプレーニングでは届かない位置にまで歯石が付着した重度の歯周病では麻酔をかけ、外科的に歯ぐきの一部を切開し、歯の根元部分から歯石を完全に除去して、再び歯茎を縫合します。

歯周再生療法(エムドゲイン)という失った歯肉周辺組織を再生させる治療を行なうこともあります。

お問い合わせ先

医院名 東仙台歯科クリニック
所在地 〒983-0824 宮城県仙台市宮城野区鶴ケ谷2丁目1−18
電話番号 022-252-8855
一番上に戻る