口腔外科

当院の口腔外科の特徴

当院の口腔外科の特徴手術前の検査で、CTスキャンで顎の骨や周辺の組織の構造を立体的に撮影して、確実で安全な手術を当院は行えます。こうした最新設備に加え、実績豊富な医師の高い技術で、他院では抜けないと診断された親知らずなど難症例にも対応できます。

親知らずの抜歯

入れ歯やブリッジの土台に使えたり、痛んだ歯の代わりに親知らずを移植できたり、親知らずは将来の歯科治療に役立つ場合もあるため、必ず抜かなくてはいけないものではありません。
患者さんによって状況は違いますので、医師と現状を把握し、相談の上で治療を決めましょう。簡単に親知らずを抜くメリット・デメリットをご紹介します。

メリット
  • 日々のブラッシングがしやすくなりむし歯・歯周病の予防になる
  • 磨き残しが減り親知らずが原因の口臭が改善される
デメリット
  • 治療後、数日腫れることがある
  • 抜歯で空いた穴が再び埋まるまで(約1か月)、穴に食べ物が詰まることがある

親知らずは抜いたほうがいい?

親知らずが痛む方や親知らずが生え歯並びが気になる方は、当院にご相談ください。上下の親知らずがしっかり噛み合っていれば抜く必要はありませんが、親知らずはブラッシングが行き届きにくく、むし歯になりやすい歯です。歯垢などの汚れがたまり、他の歯のむし歯の原因になることもあります。

顎関節症

顎関節症日常生活で顎が開きづらい、顎を動かすと耳の周りで「ガサッ」「コキッ」という異音がする場合、顎関節症の予兆かもしれません。進行すると顎の周辺が痛み、口が開かなくなることもあるので早めの治療が大切です。
歯が抜けたまま放置したり、劣化などで適合しない入れ歯を無理に使って、噛み合わせにズレが生じ、顎の位置が狂ってしまうというのが原因の大半です。

顎関節症の治療法

顎のズレの有無の診査後、スプリントという装置を歯の上に被せ、ズレを修正していくのが一般的です。
頬杖など生活習慣の改善が必要な場合もあり、歯ぎしり防止装置の装着が必要となるケースもあります。早く治療を開始すれば回復も早く、治療期間は発症してから治療開始までの時間に比例すると言われます。
噛み合わせの異常は全身に影響を与え、肩こりや腰痛、頭痛などの原因になることもあります。当院へお早めにご相談ください。

歯牙移植

移植は健康な組織を持つ提供者(ドナー)から、異常のある組織を持つ受給者(レシピエント)に組織を移し植える医療行為です。心臓や肝臓など臓器治療のイメージが強いですが、歯科の分野でも歯の移植があります。
条件を満たせば成功率80~100%という結果もあります。成功率の差は歯の根の形などが影響していると言われ、前歯部での治療のほうが成功しやすいとされています。

小帯切除術

小帯という頬や唇の内側の粘膜と歯ぐきとの間に縦に走る、細いひだのような部分の異常を治します。小帯の位置や形、数などの異常は発音や咀嚼・嚥下、歯みがきの障害となり、歯肉炎や歯周炎が発症しやすくなります。

口内炎

多くの口内炎は放っておいても治りますが、痛みやしみる症状がつらい方は、歯科医院の口内炎治療が有効です。軟膏を塗布する方法もありますが、口内炎にレーザーを照射する治療ならすぐに症状が緩和し、レーザーの殺菌・消毒作用で治りも早まります。噛み合わせなどの問題から口腔内が傷付きやすいと、口内炎を繰り返しがちです。噛み合わせの改善による根本的な治療も可能です。
口内炎治療もお口の中を清潔に保つことが大切ですが、患部を歯ブラシで刺激すると治るのが遅れてしまうため、うがい薬などを使って口腔内の衛生を保ちましょう。

粘液嚢胞

唇を噛んだりすることで、唇の粘膜の下にある小唾液腺が傷つき生じる病変です。薄い粘膜でできた球形の嚢胞壁内に粘液が貯留し、袋の粘膜が破れて粘液が流出すると治癒したように見えますが、再びすぐに膨らみます。根本的治療には手術で水風船のゴム膜にあたる嚢胞壁を摘出する必要があります。

一番上に戻る