医療用空気浄化装置

メディカルライトエアー

空気中のウイルスを99.95%除去

東仙台歯科クリニックでは、医療機関向け空気浄化装置「メディカルライトエアー」を導入しています。

治療中に発生する目に見えない物質や、来院される患者様が外部から持ち込む様々な有害物質が院内には浮遊しています。時にはそれは治療の妨げや、患者様への不安要素となる場合があります。

メディカルライトエアーは、理想的な空気に浄化して院内空気環境を綺麗にしてくれます。院内全体のウイルス対策・空気感染対策としての効果が期待できます。

 

消毒液や歯科用レジンのニオイ除去

歯科医院内で感じる特有のニオイに抵抗のある患者様は多いのでは無いでしょうか。

メディカルライトエアーにはHEPA 規格*の特殊な光触媒セラミックフィルター(SBF:スーパーバイオフィルタ)が搭載されています。このフィルターによって、消毒液やホルムアルデヒド等の医療機関特有のニオイを分解、除去します。

飛沫感染・空気感染予防に有効

このフィルターは、粒径0.3μmの粒子に対して99.97% 以上の捕集率を備えております。

  • MRSA*除去率:最大99.995%
  • インフルエンザA型ウイルス除去率:最大99.995%

以上のデータが第三者機関により確認されています。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」と言われておりますが、メディカルライトエアーによりキレイな空気環境を保つことは「飛沫感染」を防ぐ上で重要な取り組みになります。

*HEPA 規格とは
日本のJIS規格で「定格風量で粒径が0.3 µmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルタ」と定められています。

*MRSA:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌という細菌

PM0.1も積極的に捕集

PM2.5(粒径2.5μm)の捕集率は99.99%です。また、フィルターの特性では0.1㎛についても積極的に捕集します。粒径0.1μmのさらに細かい粉塵を99.9%の捕集率で浄化し、キレイな空気を院内に送ります。

一番上に戻る