むし歯治療

「歯科治療=痛い」というイメージを変えていく

「歯科治療=痛い」というイメージを変えていく早く治療しなければと思いながらも、治療で痛い思いをしたくないがために、つい歯科医院への足が遠のいてしまっている患者さまもいらっしゃるでしょう。
当院は痛みの少ない治療は歯科医の責任と考え、さまざまな麻酔技術や工夫によって、痛みを最小限に抑えたむし歯治療を実施し、できるだけ歯を抜かない、削らない治療を行っています。
むし歯を疑ったら、お早めにご来院頂ければと願っております。

痛みは歯の中の神経に異物が触れることで発生します。もともと初期のむし歯治療ではほとんど痛みを感じることはありませんので、初期むし歯のうちに治療してしまいましょう。

当院の特徴1

一度削った天然の歯は取り戻せません。当院では精密な診断を可能にするマイクロルーペ、むし歯の部分だけを取り除けるレーザーを利用した超音波治療器などの最新機器を駆使し、大切な天然歯の削る量を最小限に抑えています。
また、キーンという独特の歯を削る際の音が苦手な方のため、より静かな5倍速のエンジン(歯を削る機械)を使用しています。

当院の特徴2

なるべく痛みを感じさせない歯科治療で肝となるのが麻酔技術です。麻酔の技術が進化した現在は、かつてに比べ格段に痛みの少ない麻酔が行えます。
当院では麻酔の効き具合に合わせて、注入速度を変えられる電動麻酔を使用し、歯肉の表面の薄皮に痛みを感じにくい極細の注射針を刺して、そこから少しずつ麻酔液を入れていきます。麻酔の効き具合を見ながら微調整する麻酔法です。
特に痛みが心配な方には注射麻酔の前に表面麻酔を行ない、さらに痛みを緩和させることも可能です。

<痛くない治療について>

当院では麻酔の工夫やリラックスできる環境づくりに注力し、なるべく痛くない治療を患者さまにお約束しています。麻酔の効きが不十分なまま治療は行いません。帰宅後の麻酔が切れる前に飲む痛み止めをお渡しするなど、治療後の痛みにも万全の対策を行なっています。

当院のなるべく痛くない治療

表面麻酔

表面麻酔麻酔液を注射する部分に塗るタイプの麻酔で、表皮に針を刺した時の痛みなどをなくします。

「極細の針」を使用

針は細ければ細いほど痛みは少なくなります。当院では歯科治療で用いられる針の中でも最も細い針を使い、痛みを最小限に抑えます。

電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

麻酔時の痛みの要因には、麻酔液が体内に注入されることで生じる圧力の急な変化も挙げられます。当院はコンピューターで麻酔液の注入速度や圧力を自動制御する電動麻酔注射を使い、この痛みを緩和します。

少しずつ麻酔を進めるテクニック

注射前の表面麻酔に始まり、徐々に深いところへと麻酔液を注入するようにして、麻酔の効果を十分に浸透させ、痛みをほとんど感じさせない治療が可能です。熟練の経験で、しっかりと麻酔の効き具合を見極めていきます。

当院のなるべく削らない治療

当院のなるべく削らない治療当院では可能な限り健康な削らない治療を重視しています。一度削った天然の人間の歯は再び元に戻ることはなく、治療を繰り返すなどによって歯の量が減ると、それだけ歯の寿命は短くなるからです。なるべく削らない治療を行うために取り入れている治療技術や設備を紹介します。

Nd:YAGレーザーにより、殺菌しながら削る範囲を最小限に抑える

YAGレーザー通常のタービンのみのむし歯治療は、一気に歯を削るため健康な歯質も削ってしまいがちです。一方、Nd:YAGレーザーによる治療なら健康な歯質を削らず、むし歯に感染した部分のみに反応して削ることができます。加えて殺菌効果で歯の耐酸性を高め、再発しにくい歯になるメリットもあります。症例によってはレーザーを使えないケースも存在します。

「高倍率拡大鏡やマイクロスコープ」による視野拡大

マイクロスコープただでさえ小さい歯の治療は、ミクロン単位での精度が求められる作業です。従来の肉眼での治療では精度に限界があります。
そのため当院では治療部位を何倍にも拡大してくれる高倍率ルーペやマイクロスコープなどの拡大機器を利用し、治療の精度を向上させています。歯を削る際は操作性の高い高倍率ルーペを、厳密な確認作業が求められる場合などは、より拡大率が高いマイクロスコープを利用します。

虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液むし歯治療で最も重要なことは、まずはむし歯に感染した部分を確実に除去することです。むし歯に侵された部分は軟らかい軟化象牙質となっており、通常はこのむし歯の硬さのみを頼りに、軟らかくなった部分を削ります。しかし、これだけでは感染部位を正確に把握することができず、むし歯を確実に取り除けない場合や、健康な歯を削るリスクもあります。
う蝕検知液はむし歯に感染した部分を赤く染める薬剤です。どこまで歯を削るべきか一目瞭然となり、削る歯の量を最小限に抑えられます。また健康な歯を可能な限り残すため、スプーンエキスカベータ―という道具を使って仕上げの処置を行います。

5倍速エンジン

5倍速エンジン回転数が少なく、削る際のブレを抑えられる5倍速コントラを使用し、必要な部分のみをしっかり削ります。通常のタービンより音も静かで不快な音もありません。
ドリルであらかたむし歯を削ったら、スプーンエキスカベーターを使います。手の感触でむし歯に感染した部分を慎重に見極めつつ、丁寧に取り除きます。

MI治療に対しての考え方

MI治療に対しての考え方可能な限り削らない・抜かないむし歯治療を「最小の侵襲」Minimal(またはMinimum)Interventionを略し、MIと言います。2000年に歯科医師会の連合体であるFDI(FederationDentalInternational)が、今後の歯科治療の進むべき方向として示し、国内でもMIの考え方を標榜する歯科医院が増えてきました。
MIの考えが普及する以前の歯科治療は、多くの方が、歯が痛いなど何か症状があって初めて歯科医院を訪れ、むし歯があれば削って詰め物をし、その後、歯科医院を訪れるのは再び何か症状があった時という繰り返しでした。
しかし、MIを重視する治療では単に痛い歯を治すだけではなく、なるべく健康な天然歯を維持するため、その後の予防や管理までを行います。例えば、再石灰化を促すことでむし歯を管理していくということもあります。MIでは快適で自然な歯の状態を最大限生かし、必要に応じて人工物の利用も進めながら、お口の中の健康維持を第一に考えるのです。

当院もこうしたMIの考えを取り入れ、歯に優しい治療を行っております。予防・管理を徹底することで、患者さまのお口の健康と快適性の維持に努めてまいります。

 

一番上に戻る