入れ歯

当院の

入れ歯治療の

特徴

当院の入れ歯治療の特徴

患者さまの日々の食事の楽しみをサポートし、生活の快適さや豊かさに直結する入れ歯の制作は、歯科医院にとって非常にやりがいのある仕事のひとつです。

当院の入れ歯・義歯による治療の特徴をご紹介します。

「保険適用の入れ歯」でも自信があります

メガネや服のように、入れ歯の世界でも試着のような概念があれば理想ですが、残念ながら無料で入れ歯をご提供することはできません。なので、初めて当院にご来院された患者さまで入れ歯をお求めの方には、まず一度あまり費用のかからない保険の入れ歯を作って試してみることをおすすめしています。

保険の入れ歯に満足して頂けたら、そのまま長く使って頂いて問題ありませんし、ある程度ご満足できた上で、保険の入れ歯ではどうしても達成させることができない薄さや熱の感じ方、耐久性などをさらに求めたいという方は、そこで初めて自費の入れ歯を選択して頂くというステップを踏むのが基本方針です。

優秀な歯科技工所との連携

入れ歯は歯科医師の設計に基づき、歯科技工士がオーダーメイドで製作します。精度の高い入れ歯を製作するため、当院は優秀な歯科技工所と連携し、実際の診察にも立ち会って頂くこともあります。

「多種類」の入れ歯をご用意

保険の入れ歯にご納得でき、さらなる機能性や快適性を求める患者さまには自費の入れ歯をおすすめします。見た目が自然な入れ歯、より薄く違和感のない入れ歯、食べ物の熱・冷たさが感じられる入れ歯、硬い物もしっかり噛める入れ歯など、当院ではさまざまなご希望に適う入れ歯をご用意しております。

入れ歯の調整

当院で製作した入れ歯でなくても、現在使っている入れ歯の違和感や痛みなどがある場合はお電話にてご予約の上、お気軽にご相談ください。

 

保険の入れ歯と

自費の入れ歯の違い     

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

  • 入れ歯の治療を進める前に保険診療で受けるか、保険外の自費診療で受けるかを、患者さまに選択して頂きます。

それぞれ特徴があり、どちらが適しているかは患者さま一人ひとりによって異なります。ご自身に合ったものがわからないという方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

保険の入れ歯の特徴

素材に制限があり、歯の代わりとなる人工歯と粘膜の上にのる床(しょう)の素材が、レジンというプラスチックでできています。

強度を保つため床に一定の厚みが必要となります。部分入れ歯のクラスプ(留め具)は金属で見た目を気にされる患者さまもいらっしゃいます。

メリット
  • ・費用負担を抑えられる
    ・破損しても修理しやすい
デメリット
  • ・使用できる素材が決まっている
  • ・長期間の使用で変色やすり減りが起き、素材のプラスチックは臭いや汚れが吸着しやすい
  • ・保険診療で作り直すには作製日から半年以上空ける必要がある

保険外の入れ歯の特徴

素材に選択肢があり、部分入れ歯の場合は目立ちにくいクラスプ(留め具)を選べます。

構造などもさまざまな種類があり、ご要望に応じた入れ歯作成が可能です。

メリット
  • ・保険診療のような作製に関する制限がなく、素材や構造などを工夫して使い心地や見た目を追及でき、患者さまのご要望により近づけられる
  • ・床に金属を使用でき、薄い入れ歯が可能。保険の入れ歯が持つ問題を補える
デメリット
  • ・全額自己負担なので、費用負担が大きい
  • ・入れ歯の長期間の使用で顎の骨が痩せやすくなり、その際は入れ歯の作り変えが必要

入れ歯の種類        

金属床

金属床金属床の入れ歯のメリットは3つあります。

①まずプラスチック床の入れ歯は強度を保つため、厚く製作する必要があり、装着時の大きな違和感の原因にありますが、薄くて丈夫な金属床ならこの違和感を最小限に抑えられます。

②プラスチック床は強く噛むとたわんでしまい、長期間の使用で劣化して少しずつ変形などを起こしてしまいますが、金属床ではたわみや変形も起こりにくく、しっかりと安定した噛み心地になります。

③食べ物の熱さ・冷たさが伝わりやすく、しっかりと感じられることが挙げられます。上顎を覆うタイプの入れ歯でプラスノチック床のものは、温かいものや冷たいものを飲食しても熱を感じにくくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャーはプラスチック製の義歯床で義歯を支える種類の部分入れ歯です。

保険内治療の部分入れ歯はクラスプという金具・バネを残った天然歯に巻きつけるようにして取り付けていますが、ノンクラスプデンチャーには金属のクラスプがなく、見た目の美しさが特徴で、隣接する天然歯に負担をかけないのもメリットです。

また、耐久性に優れた低吸水性の新素材の樹脂を使っており、しなやかで軽く、つけ心地も快適です。金属アレルギーの方でも安心な上、変色や気になる臭いも抑えられ、長期間使用できます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャーシリコンデンチャーは従来の入れ歯の悩みを大幅に改善することを目的に開発された新しい時代の入れ歯です。

従来の入れ歯についている金具(クラスプ)の役割をバイオシリコンが果たしており、クッション効果でしっかりと噛み締めることができます。残っている歯をバイオシリコンで守ることもできます。

無味無臭で粘膜や粘膜下組織に対しても優しい素材で、経年による劣化なども起きにくく、いつまでもやわらかい素材です。より高い精度を実現しやすくお口にぴったり適合します。

お問い合わせ先

医院名 東仙台歯科クリニック
所在地 〒983-0824 宮城県仙台市宮城野区鶴ケ谷2丁目1−18
電話番号 022-252-8855
一番上に戻る